関目駅
▲関目駅東口《2005年7月18日撮影》

通過線2本を内側に挟んだ、相対式2面2線から成る高架駅です。

ホームから降りると高架下を東西に結ぶ通路があり、柵で改札内と改札外が仕切られています。改札外の部分は、東西自由通路として利用されています。改札は、通路の両端に1個所ずつあります。

国道1号線をオーバークロスしたところに設けられています。現在、市営地下鉄今里筋線の工事が行われており、関目成育駅がこの付近に設置される予定です。

乗り場

確認中。

駅名の由来

関目という地名は、この地に見張り所、すなわち目視の関所があったことによるといわれています(城東区Webページによる)。

歴史

1931年10月、京阪線の蒲生(現、京橋)-守口(現、守口市)が専用軌道化された際に設置されました。

周辺の見どころ

 コメント準備中。

2006年9月13日

▲ このページの先頭へ ▲