淀屋橋に次ぐターミナル

天満橋
てんまばし
Temmabashi

天満橋駅

 淀屋橋、京橋と並ぶ、京阪線の大阪側におけるターミナルです。

 3面4線から成る地下駅です。このうち北側の2線は行き止まり線となっており、折り返し専用線となっています。中之島新線開業の暁には、この2線が使用される予定です。ホームは地下2階、コンコースは地下1階にあり、改札はコンコースの東西に設けられています。

 大阪府庁の最寄り駅のひとつで、駅の南東側には合同庁舎など行政機関関連の施設が多く建ち並んでいるほか、学校が多く立地しています。いっぽう北側は、大阪マーチャンダイズマートビルや京阪シティモールと直結しており、ビジネスや買い物の利用客が目立ちます。さらに、南西側は江戸時代以来の商業地で、多様な業種のオフィスが並ぶなどいろいろな要素が一同に会した観のある駅です。

乗り場

 確認中。

駅名の由来

 駅の北側に架かる橋の名称から付けられた駅名です。

歴史

 京阪線が開通した際、大阪側のターミナルとして開業しました。長らく始発駅でしたが、1963年4月16日に淀屋橋まで延長されると、中間駅となりました。

周辺の見どころ

 コメント準備中。

《乗り換え》大阪市-谷町線(徒歩3分)

2005年10月13日
2006年9月10日、写真を追加のうえ加筆修正

ご意見、ご感想などは、脇坂健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2008 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.