学問でも校門前でもありません

学門

がくもん Gakumon
学門駅
▲学門駅《2007年9月15日撮影》

 

学門駅ホーム
【写真1】学門駅を発車する西御坊行き列車。《2007年9月15日撮影》

“がくもん”をFEPで変換すると通常は「学問」が第一候補に出てきますが、紀州鉄道の駅名は「学門」です。そうはいっても、かような地名があるわけではなく、駅のすぐ近くに県立日高高校の門があるために造られたものです。縁起切符として、入場券が隣接する紀伊御坊駅で販売されています(入「学門」から)。

駅名はインパクトがあるいっぽう、駅そのものは片面ホームに屋根があるのみのごくシンプルな無人駅です。駅のすぐ北側を道路が横切っており、この道路に面した部分が出口となっています。

駅の周辺には中小規模の工場が多く立ち並んでおり、ややごみごみしたところです。

学門から西御坊までの間の1.2kmの間に4つの駅がひしめいており、御坊市内とJR御坊駅を結ぶというこの線の役割がよくわかります。

駅名の由来

本文の記述をご覧ください。

歴史

1979年8月に設置された、紀州鉄道では最も新しい駅です。なお、戦前には「中学校前」駅がありましたが、1941年12月8日に廃止されています。

1979年8月10日
開業。

周辺の見どころ

特になし。

このページの先頭へ