水間観音への参拝拠点

水間観音

みずまかんのん
Mizumakannon
水間観音駅
▲水間観音駅駅舎《2011年1月9日撮影》
水間観音駅ホーム
【写真1】水間観音駅ホーム。《2011年1月9日撮影》

水間鉄道の終着駅は、終端式のホームを構えています。基本的には島式ホーム1面2線が営業線で、このほか駅に隣接して車庫があり、多数の車両が留置されています。

貝塚とともに終日有人駅となっており、定期券を含めた各種乗車券が販売されています。なお、この駅も貝塚と同様、改札口にはPiTaPa対応のカードリーダーとともに、ワンマン路線バスで使用されているタイプの運賃箱が設置されています。

水間観音駅改札口
【写真2】水間観音駅改札口。《2011年1月9日撮影》

駅舎は左右対称の鉄筋平屋建てで、両側面に円筒形の部屋を控えていますが、何よりも目を引くのは、中央部分に取り付けられたような多宝塔風の部分。特にこの部分が明確な用途を備えているわけではないのですが、この駅が参詣拠点であることを、これでもかといわんばかりに誇示しています。軒先が少し反り返っており、中国建築の要素も入っているもので、なんとも不思議な建造物になっています。

駅前には広場が整備されており、路線バスやタクシーが出入りしています。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

周辺の見どころ

確認中。

その他

【水間線】 貝塚貝塚市役所前近義の里石才清児名越三ツ松三ヶ山口水間観音

2003年10月13日
2011年8月25日、写真を差し替えおよび追加のうえ加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲