本社や車両基地を備える能勢電鉄の中核駅

平野
ひらの
Hirano

平野駅

 能勢電鉄の本社および車両基地がある中核駅で、山下とともに駅務遠隔操作施設が設置されており、同社の駅では最も規模の大きいものになっています。特急「日生エクスプレス」以下、すべての列車が停車します。

 地平ホーム2面3線から成るほか、隣接する車両基地へと多数の側線が伸びています。

平野駅上りホームを東側から望む

平野駅上りホームを東側から望む。《2007年9月17日撮影》

 ホームは下りが片面のみですが、上りは島式1面2線となっており、緩急接続が行われます。また、上りホームには待合室が用意されています。また、下りホームには助役室があります。

平野駅ホーム

平野駅ホーム。《2007年9月17日撮影》

 平野駅には、阪急宝塚線に直通する特急「日生エクスプレス」が停車するため、ホームの長さは8両編成に対応しています。以前は6両対応でしたが、特急運転開始時に延長されたものと思われます。

ホーム延長前の平野駅

ホーム延長前の平野駅。いちばん上に掲示した写真と比べると、手前のホーム(下りホーム)が延長されているのがわかります。《1989年6月25日撮影》

 橋上駅舎があり、改札は1個所になっています。主要駅ということもあってサービスセンターがあります。橋上駅舎からは東西にそれぞれ出ることができます。

平野駅改札

平野駅改札。《2007年9月17日撮影》

 駅の西側には、緑台地区を中心として開発された大規模団地が広がっており、通勤通学客や買い物客の出入りが頻繁です。

 江戸時代には温泉宿が建ち並び湯治客で賑わったといわれますが、現在ではその面影はまったくありません。また、駅からほど近いところに平野鉱泉があり、この炭酸水が販売されたのが「三ツ矢サイダー」の始まりで、かつてはサイダーの貨物輸送も行われていました。なお「三ツ矢サイダー記念館」は、2008年1月現在休館中です。

乗り場

 西側から順に1号線、2号線、3号線となります。

駅名の由来

 コメント準備中。

歴史

 能勢電気軌道が能勢口(現・川西能勢口)-一ノ鳥居(現・一の鳥居)を開通させた際に設置された駅です。

周辺の見どころ

 コメント準備中。

2003年10月13日
2008年1月8日、写真を追加のうえ加筆修正

ご意見、ご感想などは、脇坂健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2008 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.