木造駅舎に昭和の香りが残る駅

日野

ひの
Hino
日野駅駅舎
▲日野駅駅舎《2008年3月29日撮影》
日野駅駅構内
【写真1】日野駅構内。構内踏切を挟み、ホームは千鳥式に設けられています。《2008年3月29日撮影》

日野町の玄関駅で、駅員が配置されています。

相対式ホーム2面2線から成る交換可能駅で、このほかに中線が設けられています。下り線側に駅本屋があり、上りホームとの間は構内踏切で連絡しており、両ホームはこの構内踏切を挟んで千鳥式に設けられています。ホームには筆書きの案内があちこちに見られ、おそらく昭和30年代ごろからほとんど変わっていないのではないかと思われます。ただし、改札付近は改修され、ラッチも金属製のものになっています。

【写真2】日野駅駅舎内。《2008年3月29日撮影》

いっぽう駅舎内に移ると、高い天井にすっきりした造りになっており、かつての小荷物窓口が板で打ち付けられいるほかは、木造駅舎に典型的な雰囲気が残っています。自動券売機がなく乗車券類を窓口のみで販売していることも、独特の暖かさを感じさせる要因かもしれません。

駅舎そのものは、屋根がやや大きい点をのぞけばこれといった特徴はありませんが、玄関部分など改修されているところも多く、すぐには改築の対象になることはなさそうです。

駅前広場が整備されており、路線バスやタクシーが発着しています。

乗り場

 駅本屋側(東側)から1番線、2番線となります。

駅名の由来

確認中。

歴史

近江鉄道が1900年10月1日に八日市からこの日野まで延伸し、その際に暫定終着駅となりました。同年12月28日には貴生川まで延長されたため、終着駅だった期間はごくわずかです。なお、1980年代にレールバスが導入された際には、この日野駅が給油拠点となっていました。

周辺の見どころ

確認中。

【本線】 米原フジテック前鳥居本彦根ひこね芹川彦根口高宮尼子豊郷愛知川五箇荘河辺の森八日市長谷野大学前京セラ前桜川朝日大塚朝日野日野水口松尾水口水口石橋水口城南貴生川

2008年7月24日

▲ このページの先頭へ ▲