喜連瓜破と並ぶ合成難読駅名

野江内代
のえうちんだい
Noeuchindai

野江内代駅

 島式ホーム1面2線から成り、地下1階に改札口が設けられている駅です。

 駅の南側一帯が野江、北側一帯が内代です。出口は、道路の両脇に通じる2個所です。

乗り場

駅名の由来

 「野江」については京阪野江駅を参照のこと。「内代」の地名は旧村名に基づきますが、この地域が代官の支配地であったことによるという説があります[1]

歴史

 特記事項なし。

周辺の見どころ

 特になし。


【都島内代郵便局】2号出口からすぐ。未訪。

2007年2月27日

ご意見、ご感想などは、脇坂 健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2007 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.