駅舎内は貼り紙で賑やか

柳原
やなぎはら
Yanagihara

柳原駅

 島式ホーム1面2線から成る駅で、普通列車のみが停車する有人駅です。須坂方にある構内踏切で、駅の南側にある駅舎と連絡しています。駅の北側には出口はなく、少し離れた東側または西側の踏切をわたることになります。

柳原駅駅舎と駅前広場

柳原駅駅舎を南西側から望む。未舗装の駅前広場には自転車が整然と並んでいます。《2007年8月25日撮影》

 駅舎は木造平屋建ての小ぶりなもので、黒い羽目板が素朴な駅という印象を与えます。駅の内部もコンパクトなせいか、長野電鉄名物ともいうべき各種貼り紙類が壁面のいたるところを覆い尽くしていますが、きれいに整頓されているため乱雑な印象はまったくありません。自動券売機が設置されています。駅舎には天井がなく、梁がむき出しになっています。

柳原駅駅舎内部

柳原駅駅舎内部。長野電鉄の駅には貼り紙がつきものですが、この駅は特に賑やかでした。《2007年8月25日撮影》

 現在は1面2線のみが使われていますが、北側には側線があり、また南側(駅舎の西側)にはかつての貨物ホーム跡地が残っています。駅周辺の線路際にはアヤメが見られ、初夏には美しい花を咲かせます。

柳原駅ホーム

柳原駅ホーム。側線などもあり開放的。《2007年8月25日撮影》

 ホーム上には、風雪に耐えてきたという観のある木造の古典的な待合室ががんばっています。駅の周辺には比較的新しい一戸建て住宅が多いだけに、かえって“がんばっている”観を強くさせています。

柳原駅待合室

柳原駅待合室。《2007年8月25日撮影》

 駅前には特に商店街などは形成されておらず、駅のすぐ近くにまで一戸建ての住宅が並んでいます。それでも比較的近くにスーパーやコンビニが立地しており、長野市郊外の住宅地の玄関駅となっています。

駅名の由来

 コメント準備中。

歴史

 長野電気鉄道が須坂-権堂を開通させた際に設置された駅です。

周辺の見どころ

 コメント準備中。

2007年10月1日

ご意見、ご感想などは、脇坂 健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2007 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.