団地脇に設けられた新設駅

本城

ほんじょう Honjo
本城駅
▲本城駅《2008年11月1日撮影》

 

本城駅ホーム
【写真1】本城駅ホーム。きれいな舗装が駅の新しさを語っています。《2008年11月1日撮影》

折尾東部地区に開発された団地に囲まれた、自由通路と一体化した橋上駅舎を持つ新しい駅です。もともと本城信号場があった跡地に設けられました。この自由通路にはエレベータが設置され、バリアフリーに対応するとともに、自転車も駅を横断して通ることができるようになっています。

島式ホーム1面2線から成り、若松方に出口があります。改札には簡易型自動改札機が設置されており、委託と思われる駅員が配置されています。

 

本城駅南口
【写真2】本城駅南口。《2008年11月1日撮影》

左側の北口には駅前広場が整備されているほか大きな自転車駐輪場が設置されています。駅前を国道199号線が通り、これに沿って郊外型店舗が立地しているため、人の往来は活発です。

いっぽう右側の南口は道路に面しており、目の前に団地が広がっています。

本城駅の北西側には産業医科大学のキャンパスがあります。

乗り場

北側から順に、1番線、2番線となります。

  • 1.筑豊本線(若松線)上り 二島、若松方面
  • 2.筑豊本線(若松線)下り 折尾、直方方面

駅名の由来

確認中。

歴史

かつて、同じ位置に信号場がありました。

1908年5月15日
本城信号所設置。
1927年2月5日
信号所を信号場へ変更。専用線発着の貨物取扱開始。
1969年9月30日
この日かぎりで本城信号場廃止。
2003年3月15日
JR九州・筑豊本線の二島-折尾間に、本城駅開業。
2017年3月4日
無人(遠隔管理)化[1]

周辺の見どころ

確認中。

  1. JR九州プレスリリース「筑豊本線の一部が「Smart Support Station」に変わります」[PDF](2017年2月3日)。

このページの先頭へ