大畑

おこば
Okoba
大畑駅
▲大畑駅駅舎《2005年3月8日撮影》
大畑駅ホーム
【写真1】大畑駅に停車する「しんぺい」号。《2005年3月8日撮影》

急峻な山地の中に、少しだけ平らなスペースが開けたところに設けられた小駅です。駅舎は木造のものですが、人吉以北や吉松以南に残る木造駅舎に比べると、ややコンパクトな作りになっています。駅で取り扱う旅客や貨物の量はたいしたことがなかったのでしょう。

3段式スイッチバックとループ線を併用するという、全国でもほかに例のない大がかりな線形を持つことで有名です。駅の勾配そのものはさほどではありませんが、すべての列車が停車する必要のある3段式スイッチバックになっているのは、蒸気機関車が牽引していた時代、この駅が一拠点となっており、列車の種別に関係なく停車する必要があったためでしょう。ただしループ線は、ループの上側から下を遠望する線上に丈のある草が繁っており、全貌を把握するのは困難です。

大畑駅ホームの水
【写真2】大畑駅ホームには水がわき出しています。《2005年3月8日撮影》

ホームは1面2線の島式で、列車交換が可能になっていますが、現在は基本的に使用されていないようです。駅ホームには、手洗い用の水がわき出していますが、飲用には適さないというのが残念なところです。かつてはこの上に屋根が設けられていましたが、1992年の台風で吹き飛ばされたとのこと。

駅周辺には人家はまったく見えませんが、少し離れたところにまとまった集落があります。「おこば」という駅名から容易に推測できるように、かつてはこの一帯で幅広く焼畑が行われていましたが、戦後に森林資材の乱伐や過疎化の進行に伴い、現在では姿を消しているようです。

停車列車 [2013年9月現在]

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

1909年11月の人吉-吉松開通時に開業しましたが、当初は旅客・貨物とも取扱を行わず、実質的に信号場としての扱いでした。一般旅客営業を開始したのは、同年12月26日のことです。

周辺の見どころ

確認中。

その他

【肥薩線】 八代坂本葉木鎌瀬瀬戸石海路吉尾白石球泉洞一勝地那良口西人吉人吉大畑矢岳真幸吉松栗野大隅横川植村霧島温泉嘉例川中福良表木山日向山隼人

2005年4月2日

▲ このページの先頭へ ▲