白石

しろいし
Shiroishi
白石駅
▲白石駅駅舎《2005年3月8日撮影》
白石駅ホーム側
【写真1】白石駅舎をホーム側から撮影。《2005年3月8日撮影》

重厚な木造駅舎が健在な、対向式ホーム2面2線と中線から成る駅です。黒をベースとした板張りのほか、玄関周りに白の漆喰を用いることで、雰囲気が暗くなるのを巧みに回避しています。

駅舎の脇には3階建ての鉄筋のビルがあり、鉄道関係の施設と思われますが、詳細は不明です。

駅舎は、球磨川に並行して走る道路よりも少し高いところに位置しています。駅の周辺にはまとまった集落などはなく、数戸の民家が見られるのみです。駅からすぐのところに、球磨川にかかった橋を渡り、対岸を北へ進むと、小学校もある集落がありますが、駅の利用に直結しているかどうかは定かではありません。

停車列車 [2013年9月現在]

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

八代-人吉が開通した際に設けられた駅です。坂本、一勝地、渡なども同日に開業しており、これらの各駅に共通して風格のある木造駅舎が健在なのは、単なる偶然ではなさそうです。

  • 【1908年6月1日】 開業。
  • 周辺の見どころ

    確認中。

    その他

    2005年3月27日

    ▲ このページの先頭へ ▲