肥後伊倉

ひごいくら
Higoikura
肥後伊倉駅
▲肥後伊倉駅駅舎《2005年3月9日撮影》

文化住宅を連想させる、古びた木造の駅舎が健在です。長屋のような横長の建造物で、濃茶色の羽目板を使っており、かつてのローカル駅に典型的なスタイルをよく伝えています。

駅は2面2線対向式で、上下ホームは跨線橋で連絡しています。駅前は小さなロータリーとなっていますが、駅周辺には数戸の民家が並ぶのみで、私が下車したときには商店なども開店休業状態と、およそ活気と称するものがあるとはいえませんでした。

伊倉の中心地からは、1.4kmほど北東に離れた場所に位置しています。

停車列車 [2014年4月現在]

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

周辺の見どころ

確認中。

【鹿児島本線】 門司港小森江門司小倉西小倉九州工大前戸畑枝光スペースワールド八幡黒崎陣原折尾水巻遠賀川海老津教育大前赤間東郷東福間福間千鳥古賀ししぶ新宮中央福工大前九産大前香椎千早箱崎吉塚博多竹下笹原南福岡春日大野城水城都府楼南二日市天拝山原田けやき台基山弥生が丘田代鳥栖肥前旭久留米荒木西牟田羽犬塚筑後船小屋瀬高南瀬高渡瀬吉野銀水大牟田荒尾南荒尾長洲大野下玉名肥後伊倉木葉田原坂植木西里崇城大学前上熊本熊本川尻富合宇土松橋小川有佐千丁新八代八代

2005年4月24日

▲ このページの先頭へ ▲