土手っ腹に新幹線が突っ込みます

鹿児島中央

かごしまちゅうおう
Kagoshimachuo
鹿児島中央駅
▲鹿児島中央駅駅舎(西鹿児島駅時代)《2000年1月28日撮影》

鹿児島市の実質的な玄関口。大きな地平ホームがあり、これと直行する形で西の山から九州新幹線がぬっと進入してくるような構造になる。

かつてはホームベースのような五角形の駅舎を擁していたが、現在は橋上駅舎となっている。玄関は大きく赤で塗られているうえ、非常に幅の広い階段が威容を誇る。

開業当時の駅名は「武」(たけ)で、その後1927年10月17日に「西鹿児島」と改称された。この駅名は75年以上の長きにわたって定着していたが、九州新幹線の開業に伴い、2004年3月13日に現在の駅名に変更された。

停車列車 [2013年5月現在]

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

周辺の見どころ

確認中。

【鹿児島本線】 川内隈之城木場茶屋串木野神村学園前市来湯之元東市来伊集院薩摩松元上伊集院広木鹿児島中央鹿児島

【九州新幹線(鹿児島ルート)】 博多新鳥栖久留米筑後船小屋新大牟田新玉名熊本新八代新水俣出水川内鹿児島中央

【指宿枕崎線】 鹿児島中央郡元南鹿児島宇宿谷山慈眼寺坂ノ上五位野平川瀬々串中名喜入前之浜生見薩摩今和泉宮ヶ浜二月田指宿山川大山西大山薩摩川尻東開聞開聞入野頴娃西頴娃御領石垣水成川頴娃大川松ヶ浦薩摩塩屋白沢薩摩板敷枕崎

《乗り換え》鹿児島市-第二号線:鹿児島中央駅前

2003年10月18日
2004年3月23日、加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲