恵良 【未乗降】

えら Era

 写真準備中 

 

2015年3月に供用開始された新駅舎は、九重町によって新築されたもので、木造平屋建(約80平方メートル)、総事業費は約3,000万円。外壁は白壁とナマコ壁を用いて酒蔵風にデザインし、内装は大分県産のスギやヒノキを多用しています。酒造業の先哲の功績を紹介する史料館を兼ねています[1]

停車列車

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1926年6月20日
開業。
2014年1月18日
火災により駅舎全焼。
2015年3月31日
新駅舎落成式[2]

周辺の見どころ

確認中。

  1. 大分合同新聞「JR恵良駅の落成式 新駅舎は酒蔵風」(2015年4月1日)。
  2. 同上。

このページの先頭へ