早岐

はいき Haiki
早岐駅
▲早岐駅駅舎《2000年1月29日撮影》

 

佐世保線と大村線とを分けるジャンクションで、肥前山口方面からきた列車はここで向きを変える。木造ながら立派な駅舎を持ち、待合室の高い天井などに風格を感じられる。

この早岐から南風崎にかけては軍事上の要衝であった。現在は駅前に商店や住宅が並び、そういった物々しさは感じられない。

停車列車

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1897年7月10日
開業。
2014年3月12日
構内に車両基地「佐世保車両センター」設置[1]
2014年10月11日
橋上駅舎および東西自由通路供用開始[2]

周辺の見どころ

確認中。

参考文献等

  • 宮川浩一「早岐駅構内探訪」『鉄道ピクトリアル』No.863(2012年6月号)電気車研究会、58-67ページ。
  1. 西日本新聞・長崎「早岐駅にJR新車両基地」(2014年3月13日)。※2017年6月11日現在リンク切れ
  2. 読売新聞・長崎「早岐駅新駅舎と連絡通路が完成 佐世保、記念式典」(2014年10月12日)。※2017年6月11日現在リンク切れ

このページの先頭へ