島式ホームの反対側はバス停に

御代志

みよし
Miyoshi
御代志駅
▲御代志駅《1992年3月31日撮影》
御代志駅ホーム
【写真1】御代志駅ホーム。現在は片面のみを鉄道ホームとして使用し、反対側はバス乗り場です。《2012年3月10日撮影》

御代志は、熊本電気鉄道菊池線の終点です。もっとも路線名のとおり、1986年までは菊池まで電車が走っており、御代志は中間駅でした。中間駅だった当時の雰囲気を色濃く残しているのが、島式ホームの片面のみを鉄道ホームとして使用し、もう片面はバス乗り場として使っている点です。

御代志駅を北熊本方から望む
【写真2】御代志駅を北熊本方から望む。《2012年3月10日撮影》

駅前にはゆったりとした広いスペースが設けられています。熊本電気鉄道各駅では、駅前にほとんど余裕がないのが大半ですが、ここ御代志は例外で、大型バスが楽に転回できるほどの広さがあります。

御代志駅外観
【写真3】御代志駅外観。バスはホームにぴったり寄せて停車するわけではないようです。《2012年3月10日撮影》

電車とバスの乗り継ぎはスムーズに行われますが、菊池方面からのバスはそのままバスセンターに直行するため、電車とバスを乗り継いでの利用はあまり多くはないようです。なお、私が見たときには、バスはホームから離れて停車していましたが、雨の日などはそうでもないのかもしれません。

御代志駅より北熊本方を望む
【写真4】御代志駅より北熊本方を望む。線路を横断しないと中には入れない民家も。《2012年3月10日撮影》

さすがに存続区間の末端だけあり、駅周辺には一定程度の住宅が集まっています。なお、この付近の鉄道線の線路敷は、道路との区別が判然としない曖昧な状態になっています。道路を横断しないと民家の玄関に入れないというケースも見られます。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

周辺の見どころ

確認中。

【菊池線】 上熊本韓々坂池田打越坪井川公園北熊本亀井八景水谷堀川新須屋須屋三ツ石黒石熊本高専前再春荘前御代志

2003年10月19日
2013年4月28日、写真を追加の上加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲