駅よりも温泉が主という雰囲気

阿蘇下田城ふれあい温泉

あそしもだじょうふれあいおんせん Asoshimodajofureaionsen
阿蘇下田城ふれあい温泉駅
▲阿蘇下田城ふれあい温泉駅《2012年3月19日撮影》

南阿蘇鉄道は、2016年4月14日および16日に発生した熊本地震のため、立野-中松間が運休となっています。また阿蘇下田城ふれあい温泉駅では、屋根瓦が多数はがれ落ち、ホームの柱がゆがむなどの被害が出たとのことです[1]。(2016年8月2日現在)

お城の正体は温泉でした

阿蘇下田城ふれあい温泉駅ホーム
【写真1】阿蘇下田城ふれあい温泉駅ホーム。《2012年3月19日撮影》

民家や商店が並んでいる先に駅があるというのは、地方の集落で典型的に見られる光景ですが、この駅の場合は、本来であれば駅があるべきところにお城が見えます。これは何だろうかと思って寄ってみると、中は温泉施設です。

片面ホームは弧を描きます

阿蘇下田城ふれあい温泉駅ホーム(奥は立野方)
【写真2】阿蘇下田城ふれあい温泉駅ホーム(奥は立野方)。《2012年3月19日撮影》

しかしこの施設、実は駅舎の中に温泉を引き込んでいるものです。あるいは、温泉施設の脇にホームがあり、列車が停まる、というほうがよいのかもしれませんが。

片面ホームは弧を描いており、向かい側には田畑が広がります。ホーム上には、多くののぼりが掲げられ、観光客を待ち受けています。

腰回りまで石垣風に

阿蘇下田城ふれあい温泉駅ホーム出入口
【写真3】阿蘇下田城ふれあい温泉駅ホーム出入口。《2012年3月19日撮影》

ホーム側の壁面や上屋支柱などは、漆喰のような白、黒、そしてグレーを使った色で塗り分けており、城郭のようになっています。実際、この駅舎は城郭風の様式で建てられています。もっとも、駅の外から見ると、見通しのよくない突き当たりにぬっと城が出てくるようなもので、遠目には用途不明な怪しい建造物にも見え、あまり趣味がよいとはいえないようにも思えますが。

待合室はいささか窮屈

阿蘇下田城ふれあい温泉駅待合室
【写真4】阿蘇下田城ふれあい温泉駅待合室。《2012年3月19日撮影》

温泉は比較的コンパクトなものですが、観光客がバスでつめかけるようなものではなく、地元の人がのんびりと体の疲れを取るのが主目的のようです。駅待合室部分は売店となっており、ここで風呂上がりに飲み物を買う人が見られました。ただし休憩スペースとしては非常に狭く、列車待ちをしている人だけでいっぱいになりそうで、長居するのは少し厳しそうではあります。

駅名の由来

確認中。

歴史

路線開業当初からの駅です。

1928年2月12日
国有鉄道(鉄道省)宮地線・立野-高森間が開業した際、「阿蘇下田」駅開業。
1971年2月19日
この日かぎりで貨物営業廃止。
1986年4月1日
国鉄高森線(第1次特定地方交通線指定)が南阿蘇鉄道に転換、同社の駅となります。
1993年8月1日
駅名を「阿蘇下田城ふれあい温泉」に変更。
2016年4月14日
熊本地震発生により、全線で運休(その後16日から運転再開を予定するも、同日未明の地震発生により、再度運休)。

周辺の見どころ

確認中。

  1. 日本経済新聞「三セク・南阿蘇鉄道、窮地に 復旧費は売上高の30倍」(2016年5月5日)。

このページの先頭へ