日本で数少なくなったダイヤモンドクロスのある駅

大手町
おおてまち
Otemachi

大手町駅

 郊外線である高浜線と、市内電車とが交差する駅です。郊外線、市内線とも同一駅の扱いになっていますが、古町駅とは異なり市内電車は停留所が道路上にあり、郊外線の改札とは離れています。郊外線からJR松山駅に乗り換える場合は、この大手町駅が最寄り駅となっています。

 両線は平面交差していますが、双方の線路が直角に交差しており、一方が通過する際には一方が停止する形になっています。市内線は併用軌道なので、郊外線である高浜線の電車が通過する際には踏切に従って停止する形になっていますが、それでも日本で唯一残った現役の旅客線直交平面交差(ダイヤモンドクロス)として貴重な存在です。

 高浜線の駅舎は鉄筋の大きなビルの1階を間借りするような形になっています。ホームは地平相対式2面2線で、松山市方面行きホームが駅改札と面しており、高浜方面行きホームとの間は地下道で連絡しています。松山市駅方面からJR松山駅へ向かう場合、いったん反対側のホームへ移動して改札を出、また踏切をわたることになり、やや面倒ではあります。

高浜線ホーム

相対式2面2線から成る高浜線ホーム。右側に見えるのが改札口です。《2007年7月8日撮影》

 いっぽうの市内電車は、松山駅前方面が高浜線の東側、西堀端方面が西側に、それぞれ停留場を設けています。

市内電車電停

市内電車電停。《2007年7月8日撮影》

 駅の周辺には事務所などの入ったビルが多く建ち並んでいるほか金融機関なども多く、ビジネス街らしい雰囲気になっています。

駅名の由来

 駅名は所在地名によって付けられたもので、松山城の城下にあることから付いた地名がベースとなっています。

歴史

 コメント準備中。

周辺の見どころ

 コメント準備中。

【松山大手郵便局】駅から東へ、徒歩1分。1993年3月5日訪問。

2003年11月16日
2007年8月17日、写真を追加のうえ加筆修正

ご意見、ご感想などは、脇坂 健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2007 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.