温泉街の入口駅は川のたもとに

飯坂温泉

いいざかおんせん
Iizakaonsen
飯坂温泉駅
▲飯坂温泉駅駅舎《2011年12月25日撮影》
飯坂温泉駅に到着する飯坂電車
【写真1】飯坂温泉駅に到着する飯坂電車。《2011年12月25日撮影》

飯坂電車の終点は、福島県内でも有数の温泉街である飯坂温泉の玄関口にあります。駅は降車ホームと乗車ホームに分かれてはいるものの1線しかないため、1編成しか入れません。

飯坂温泉駅ホーム
【写真2】飯坂温泉駅ホーム。左が降車ホーム、右が乗車ホームです。《2011年12月25日撮影》

乗降が分離されてはいますが、首都圏の始発駅などで見られるように折り返し着席利用を防止するわけではなく、単に旅客の動線を単純化するためのもののようです。

飯坂温泉駅コンコース
【写真3】飯坂温泉駅コンコース。案内表示などが国鉄末期のものに準じています。《2011年12月25日撮影》

スチール製改札口の脇には出札窓口があり、その上には各方面への案内表示がありますが、国鉄末期(1980年代)の各駅で見られたデザインが現在でも使われています。飯坂温泉駅が全面改築されたときのものがそのまま使われているのでしょう。

飯坂温泉駅の自動券売機と待合室
【写真4】飯坂温泉駅の自動券売機と待合室。「自動きっぷうりば」の表記も国鉄仕様です。《2011年12月25日撮影》

コンコースには自動券売機が2基設置されています。また、観光客が多いことを意識してか、やや広めの待合室が設けられています。飯坂温泉駅の出口はワンフロア上なのですが、階段のほかにエレベータがあります。

飯坂温泉駅は2階建てになっていますが、コンコース階から上にあがると、出口正面がそのまま地平になっています。コンコースと出口のいずれが1階なのかはわかりませんが、これは駅が摺上川沿いの傾斜地上に位置しているためです。コンコースには川へ向いている窓がありますが、その真下に川が流れているのが見て取れます。

飯坂温泉駅旧駅舎
【写真5】飯坂温泉駅旧駅舎。リニューアル前は風情も何もない外観でした。《2011年12月25日撮影》

地平部分は和風の装いになっています。かつては無機質で直線的な箱がガンと建っているという漢字でしたが、今では観光客にとって目印になるような建物になっています。ただし、駅の裏手にコンビニが入っているものの、観光案内所などの機能はなく、ほぼ純粋に駅のみとして利用されているのは、いささかもったいない気がします。

駅は飯坂温泉の入口付近にあり、ここから北西方向にかけて、温泉旅館がびっしりと建ち並んでいます。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

その他


  1. 日本国有鉄道編『停車場一覧 昭和47年10月14日現在』東洋館出版社、1972年、293ページには、1927年10月1日営業開始の記述がありますが、花水坂-飯坂温泉間が同年3月23日に開業していることから、これは誤りです。

【飯坂線】 福島曽根田美術館図書館前岩代清水上松川笹谷桜水平野医王寺前花水坂飯坂温泉

2012年1月26日、写真を追加のうえ加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲