窮屈な駅舎は両側からの利用者に対応

医王寺前

いおうじまえ
Iojimae
医王寺前駅
▲医王寺前駅《2011年12月25日撮影》
医王寺前駅ホーム
【写真1】医王寺前駅ホーム。《2011年12月25日撮影》

住宅街を走ってきた飯坂電車も、平野付近からはしだいに農業地域に入り、りんごを植えた果樹園などが目に付くようになります。

医王寺前駅は、島式ホーム1面2線から成る交換可能駅です。ここから北側の区間では、終点の飯坂温泉を含めて1線のみとなるため、医王寺前が最後の交換可能駅となり、この先では1編成しか入れません。島式ホームの西側は例によって県道が走っていますが、東側にはりんご畑が広がっています。

医王寺前駅駅舎
【写真2】医王寺前駅駅舎。《2011年12月25日撮影》

医王寺前駅の出口はホームの福島方にあり、突き当たりに小さな駅舎が線路に挟まれ、その両側が構内踏切という形になっています。笹谷とよく似ていますが、笹谷では構内踏切のうち東側が封鎖されているのに対し、ここ医王寺前では両側に出ることができます。駅舎は笹谷よりもさらに幅が狭く、なかなかに窮屈そうです。

医王寺前駅東側
【写真3】医王寺前駅東側。《2011年12月25日撮影》

民家の多くは駅の西側にありますが、東側には県立福島北高校があり、通学客の利用もあるようです。東口には半ば自然発生的という感じにできたスペースに自転車が整然と並べられ、下車したおばさんたちが手慣れた様子で自転車を引き出しては去っていきました。

駅名となっている医王寺へは徒歩15分ほどを要し、「前」と称するのはいささか無理があります。

乗り場

番線表示は確認できませんでした。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

周辺の見どころ

確認中。

【飯坂線】 福島曽根田美術館図書館前岩代清水上松川笹谷桜水平野医王寺前花水坂飯坂温泉

2012年1月26日

▲ このページの先頭へ ▲