能代

のしろ Noshiro
能代駅
▲能代駅駅舎《1996年3月6日撮影》

 

米代川の下流にあり、木材資源の搬出拠点である能代市の中心駅。奥羽本線の東能代までの1駅間は区間列車が多く設定されている。能代工業高校はバスケットボールで有名で、そのせいかホームにはバスケのゴールがあり「バスケの町 能代」というフレーズがある。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1908年7月1日
1908年7月1日開業。
2013年9月1日
駅舎リニューアルオープン[1]

周辺の見どころ

確認中。

  1. JR東日本秋田支社プレスリリース「能代駅リニューアルオープンに伴う記念セレモニーの開催について」[PDF] (2013年8月29日)。

このページの先頭へ