有人駅当時の名残が強く残ります

階上

はしかみ Hashikami
階上駅
▲階上駅駅舎《2012年11月17日撮影》

 

階上駅に停車する八戸方面行き「リゾートうみねこ」
【写真1】階上駅に停車する八戸方面行き「リゾートうみねこ」。《2012年11月17日撮影》

階上駅は、相対式ホーム2面2線から成る交換可能駅です。八戸線は鮫を境として南側では運転本数が大きく減少しており、これを踏まえてか、鮫-久慈間で列車交換が可能なのは階上、陸中八木の両駅のみとなっています。比較的最近までタブレット閉塞が行われていましたが、2005年の八戸線全線CTC化に合わせ、階上駅は無人化されました。もっとも、駅舎が解体された陸中八木とは異なり、有人駅当時の駅舎がそのまま残されており、いつでも窓口営業が再開できそうな雰囲気です。

 

階上駅に進入する久慈行き列車
【写真2】階上駅に進入する久慈行き列車。《2012年11月17日撮影》

八戸方には安全側線が設けられています。駅舎は上りホーム側にあり、下りホームとの間は久慈方にある構内踏切で行き来します。

 

階上駅駅舎内
【写真3】階上駅駅舎内。《2012年11月17日撮影》

駅舎は木造平屋建て、切り妻式の屋根はスレートぶきという、旧国鉄駅に典型的なものがそのまま残っています。

駅舎内は有人駅時代からほとんど手を加えられていないようで、かつての窓口部分に板が打ち付けられているのみです。事務室部分は単なる空きスペースなのか、あるいは係員用のスペースとして利用されているかは確認できませんでした。なお、東日本大震災後に八戸線が部分復旧した際には、一時的に駅員配置が復活したといいます(詳細未確認)。

 

階上駅駅前
【写真4】階上駅駅前。右側に腕木式信号機が見えます。《2012年11月17日撮影》

駅前は非常に広いスペースが確保されており、自動車での送迎は楽にできます。有人駅時代に使われていた腕木式信号機が、駅前に保存されていました。

階上町の中心部は、階上駅から離れた内陸部に位置しています。

乗り場

西側(駅本屋側)から順に、1番線、2番線となります。

  • 1.八戸線上り 本八戸、八戸方面
  • 2.八戸線下り 種市、久地方面

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1924年11月10日
国有鉄道(鉄道省)八戸線の八戸(現、本八戸)-種市間が開通した際、階上駅開業。
1962年9月30日
この日かぎりで貨物営業廃止。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。
2005年12月ごろ
八戸線CTC化に伴い、無人化。
2011年3月11日
東日本大震災が発生、八戸線が全線で運休。
2011年3月24日
八戸線・鮫-階上間が復旧、運転再開。
2011年4月7日
この日発生の余震により、再び八戸線が全線運休。
2011年4月10日
八戸線・八戸-階上間が復旧、運転再開。
2011年8月8日
八戸線・階上-種市間が復旧、運転再開。
2013年12月24日
新駅舎供用開始[1]

周辺の見どころ

確認中。

  1. デーリー東北「JR八戸線「階上駅」の新駅舎 供用開始」(2013年12月25日)。※2017年6月12日現在リンク切れ

このページの先頭へ