花輪線起点だが駅管理はIGRに移管

好摩

こうま Kōma
好摩駅
▲好摩駅駅舎《2012年11月16日撮影》

アイジーアールいわて銀河鉄道との共同使用駅です。「歴史」以外の駅の詳細については、 アイジーアールいわて銀河鉄道 > いわて銀河鉄道線 > 好摩駅 をご覧ください。

アイジーアールいわて銀河鉄道との境界駅

アイジーアールいわて銀河鉄道との境界駅です。駅の管理はアイジーアールいわて銀河鉄道が行っています。なお、花輪線のディーゼルカーを運転する運転士は、そのまま盛岡まで運転します。

歴史

本項では、基本的に花輪線関連についてのみ記述します。

1922年8月27日
国有鉄道(鉄道省)好摩線・好摩-平館が開業し、東北本線との分岐駅となります。
2002年12月1日
東北新幹線・盛岡-八戸間が開業したことに伴い、盛岡-目時間がアイジーアールいわて銀河鉄道に移管され、好摩駅はアイジーアールいわて銀河鉄道管理となります。
2011年3月11日
東日本大震災が発生、花輪線が全線で運休。
2011年3月18日
好摩-松尾八幡平間が復旧、運転再開。
2011年4月7日
この日発生の余震により、再び花輪線が全線で運休。
2011年4月11日
好摩-大館間が復旧、花輪線が全線で運転再開。

このページの先頭へ