城郭を模した建物に溶け込んだ駅舎

亘理

わたり Watari
亘理駅
▲亘理駅駅舎《2011年12月25日撮影》

2年近く暫定的な終点でした

亘理駅ホーム
【写真1】亘理駅ホーム。《2011年12月25日撮影》

亘理町の中心部付近に位置している駅です。

東日本大震災の影響を受け、2年近くにわたり、仙台方面からの列車はこの亘理止まりで、亘理以南は代行バスへの乗り換えとなっていました。

改札を入ると仮設ホーム

亘理駅仮設ホーム
【写真2】亘理駅仮設ホーム。《2011年12月25日撮影》

このように亘理以南が長期にわたって運休となっている間、改札前の線路部分が埋められる形で拡幅され、中線を列車発着拠点として利用していました。この結果、ホームは仮設のものがずっと延びています。

駅舎内にはごく普通の光景が

亘理駅駅舎内
【写真3】亘理駅駅舎内。《2011年12月25日撮影》

駅舎は木造平屋建ての切妻造というシンプルなものですが、駅に隣接する城郭風の建物と軌を一にするようなカラーリングになっています。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1897年11月10日
開業。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。
2011年3月11日
東日本大震災が発生、常磐線などが大規模に運休。
2011年4月12日
常磐線・亘理-岩沼間が復旧、運転再開。
2013年3月16日
常磐線・浜吉田-亘理間が復旧、運転再開。

周辺の見どころ

亘理町立郷土資料館【未訪】

駅東側すぐ。コメント準備中。

亘理公園【未訪】

駅から西へ、徒歩20分。コメント準備中。

その他

  • 「東北の駅百選」(国土交通省東北運輸局)選定駅。

このページの先頭へ