震災に耐えた駅舎も移転で無用に

山下

やました Yamashita
山下駅
▲山下駅旧駅舎(東日本大震災前)《1999年12月25日撮影》

2011年3月11日に発生した東日本大震災のため、常磐線駒ヶ根-浜吉田間の内陸移設に合わせて山下駅は移転しており、旧駅舎は解体されています。ここに記載しているのは震災前の訪問時による記録であり、現状は大きく異なっています。(2017年7月6日現在)

 

平屋の木造駅舎。駅前には小さいスーパーがある。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1949年5月10日
開業。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。
2011年3月11日
東日本大震災が発生、常磐線などが大規模に運休。
2013年1月15日
旧駅舎解体(~2月28日)。
2016年12月10日
常磐線・相馬-浜吉田間が復旧、運転再開。この際、山下駅は内陸に移転。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ