野辺地

のへじ Noheji
野辺地駅
▲野辺地駅駅舎《1994年9月1日撮影》

 

旧東北本線と大湊線とが分岐する。駅の青森方向左側には、大規模な鉄道用防風林がある(写真では駅舎の背後に見える)。

停車列車

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1891年9月1日
日本鉄道によって、盛岡-青森間が開通し、野辺地駅開業。
1921年3月20日
国有鉄道(鉄道省)によって、大湊軽便線(現、大湊線)の野辺地-陸奥横浜間が開通し、野辺地駅は分岐駅となります。ここでは、この日を開業日とします。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。
2010年12月4日
東北新幹線八戸-新青森間開業に伴い、八戸-野辺地-青森間が青い森鉄道に移管され、JR野辺地駅は大湊線単独駅となります。
2011年3月11日
東日本大震災が発生、大湊線が全線運休。
2011年3月17日
大湊線が復旧、営業再開。
2011年4月7日
この日発生の余震により、再び大湊線が運休。
2011年4月11日
大湊線が復旧、営業再開。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ