駅前に新たな市街地が形成されつつあります

弘前

ひろさき
Hirosaki
弘前駅
▲弘前駅中央口《2011年12月4日撮影》
弘前駅ホーム
【写真1】弘前駅ホーム。《2011年12月4日撮影》

弘前駅は、津軽平野南部に位置する弘前市の玄関口です。JRの鉄道路線図上では単なる中間駅ですが、実質的には五能線の列車も大半が川部から奥羽本線に乗り入れて弘前まで直通するため、実質的には奥羽本線と五能線の接続駅ともなっています。

駅は地平ホーム2面3線(下りが片面)のほか、側線が多く広がっており、また旅客ホームの北側には貨物駅が広がっています。

弘前駅改札口
【写真2】弘前駅改札口。《2011年12月4日撮影》

かつては地平駅でしたが、現在は橋上駅舎となっており、改札口正面の自由通路の両側に出口が設けられています。このうち市街地側に当たる西側出口は「中央口」、東側出口は「城東口」という名称になっています。

弘前駅城東口
【写真3】弘前駅城東口。左下側に、弘南鉄道黒石駅の入口があります。《2011年12月4日撮影》

あらたに設けられた城東口の前には大きな駅前広場が整備され、またJRから分離された弘南鉄道の改札口が設けられています。まだ整備されて間もないのですが、空いていることもあって送迎の便はよいようです。

地平駅時代の弘前駅
【写真4】地平駅時代の弘前駅。駅ビル「アプリーズ」は当時のまま健在。《1994年9月30日撮影》

いっぽう市街地側にある中央口には、各方面へと向かう路線バスが頻繁に発着するバスターミナルが整備されているほか、駅ビル「アプリーズ」をはじめとした商業施設やホテルなどが立地しています。駅前広場の下には地下道が設けられ、これを抜けると旧市街地方面へと向かうプロムナードへ続いています。また、歩いて数分のところにイトーヨーカドーが立地し、ここの1階には長距離バスターミナルがあります。

地平時代にはこちら側にのみ駅舎と改札口が設けられていました。なお、当時は跨線橋からアプリーズに直結する改札口がありましたが、現在はなくなっています。

弘前駅は城下町弘前のなかでは街外れの位置にあたっており、旧市街地は弘前城の南側に形成されていますが、今では弘前駅前のほうが活気があるように見えます。

停車列車 [2012年1月現在]

深夜に通過する寝台特急「トワイライトエクスプレス」以外の全列車が停車します。

乗り場

発着番線は便により異なります。以下は基本的なパターンです。1番線は片面、2番線と3番線は島式ホームになります。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

周辺の見どころ

確認中。

その他

【奥羽本線】 福島…(略)…新庄泉田羽前豊里真室川釜淵大滝及位院内横堀三関上湯沢湯沢下湯沢十文字醍醐柳田横手後三年飯詰大曲神宮寺刈和野峰吉川羽後境大張野和田四ツ小屋秋田土崎上飯島追分大久保羽後飯塚井川さくら八郎潟鯉川鹿渡森岳北金岡東能代鶴形富根二ツ井前山鷹ノ巣糠沢早口下川沿大館白沢陣馬津軽湯の沢碇ヶ関長峰大鰐温泉石川弘前撫牛子川部北常盤浪岡大釈迦鶴ヶ坂津軽新城新青森青森

《乗り換え》弘南鉄道-弘南線

2012年1月15日、写真を追加のうえ加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲