インパクトのある大太鼓駅舎が見もの

糠沢

ぬかざわ
Nukazawa
糠沢駅
▲糠沢駅駅舎《2012年10月20日撮影》
糠沢駅ホーム
【写真1】糠沢駅ホーム。《2012年10月20日撮影》

左右に田園が広がる中に、ごく単純な相対式ホーム2面2線が設けられているのみの小駅です。普通列車でも通過する便が多く、2013年11月現在、停車するのは上下7往復のみ(通過は下り5本、上り4本)です。2つのホームは跨線橋で結ばれています。

糠沢駅上りホーム側出口
【写真2】糠沢駅上りホーム側出口。《2012年10月20日撮影》

駅舎は下りホーム側に簡易駅舎がありますが、上りホームからも直接外に出ることができます。

糠沢駅駅舎内
【写真3】糠沢駅駅舎内。《2012年10月20日撮影》

駅舎はこの地域にある“世界一の大太鼓”を模したもので、直径3.9メートル、幅3.7メートルと、実際の大太鼓よりもさらに大きいサイズになっています[1]。両サイドをわざわざワイヤーで結んだり、出入口付近にバチと思わせる長い棒を配置したりと、いろいろと凝っています。なお、軽くたたいてみましたが、太鼓のような音は鳴りませんでした。

糠沢駅駅前
【写真4】糠沢駅駅前。《2012年10月20日撮影》

駅周辺には水田が広がっていますが、そこそこ民家も建っており、普通列車も通過する駅とは思えません。国道からは少し離れており、人の流動が小さいことによるのでしょうか。

停車列車 [2013年12月現在]

普通列車も一部が通過します。

乗り場

北側(駅本屋側)から順に、1番線、2番線となります。

駅名の由来

確認中。

歴史

戦後になって設置された駅です。

周辺の見どころ

確認中。


  1. 北秋田市公式Webページ「大太鼓の里に新名所 ~糠沢駅舎が大太鼓型に~」(2009年7月1日)。

【奥羽本線】 福島…(略)…新庄泉田羽前豊里真室川釜淵大滝及位院内横堀三関上湯沢湯沢下湯沢十文字醍醐柳田横手後三年飯詰大曲神宮寺刈和野峰吉川羽後境大張野和田四ツ小屋秋田土崎上飯島追分大久保羽後飯塚井川さくら八郎潟鯉川鹿渡森岳北金岡東能代鶴形富根二ツ井前山鷹ノ巣糠沢早口下川沿大館白沢陣馬津軽湯の沢碇ヶ関長峰大鰐温泉石川弘前撫牛子川部北常盤浪岡大釈迦鶴ヶ坂津軽新城新青森青森

2014年3月27日

▲ このページの先頭へ ▲