新幹線開通で青森の新しい玄関口に

新青森

しんあおもり
Shinaomori
新青森駅
▲新青森駅駅舎(東口より)《2010年12月4日撮影》
新青森駅新幹線ホーム
【写真1】新青森駅新幹線ホーム。《2010年12月4日撮影》

青森市の市街地から離れた西の郊外に設けられた駅です。もともと、ここには駅は設置されていませんでしたが、国鉄末期に、将来の東北新幹線が延伸してきた際に連絡駅となるこの位置に、在来線の駅を先行設置したという経緯があります。

地平に在来線の奥羽本線が東西に、高架上に東北新幹線が南北に通っており、この両者が垂直に交差する形になっています。駅は3階建てで、2階がコンコースになっており、在来線はコンコースから下り、新幹線はコンコースから上ります。

東北新幹線としては終着駅ですが、将来的に北海道新幹線として延伸することもあって、島式ホーム2面4線から成る中間駅仕様となっています。ガラスを多用しているため採光がよく、また見晴らしもよいとのことですが、端側の乗り場に車両が入線すると眺望も採光もぐっと落ち、いささか味気ない、ある意味で新幹線らしい駅になってしまうのが残念です。

新青森駅新幹線改札口
【写真2】新青森駅新幹線改札口。開業日は人でごった返していました。《2010年12月4日撮影》

新幹線コンコースからは、改札口と在来線乗り換え改札があります。新幹線改札口前がゆったりしたスペースになっており、店舗や案内所が立地しているほか、東口および西口へと出ることができます。

新青森駅在来線ホーム
【写真3】新青森駅在来線ホーム。かつては1面1線の棒線駅でした。《2010年12月4日撮影》

いっぽうの在来線は、地平に島式ホーム1面2線が設けられています。かつては1面1線の何もない無人駅でしたが、東北新幹線延伸工事にあわせて大規模な改良が行われ、現在では列車の行き違いはもちろん、この駅で列車が折り返すことも可能になっています。このため、函館から青森までを結ぶ特急「スーパー白鳥」および「白鳥」が新青森まで乗り入れるようになりました。なお、これにあわせて新青森-青森間のみを特急自由席に乗車する場合、自由席特急券が不要という特例が設けられています。

新青森駅在来線改札口
【写真4】新青森駅在来線改札口。《2010年12月4日撮影》

在来線の改札口は新幹線に比べてコンパクトですが、こちらもガラス張りのオープンカウンター式有人改札が設置されるなど、しっかりした設備になっています。

青森駅へはひと駅移動することになりますが、青森駅周辺そのものが経済的に沈滞化している点は否めず、この新青森から直接自動車等で移動するというケースが多くなるものと思われます。地元では、青森駅周辺の再開発に重点を置いているとのことですが、新幹線接続のシャトル列車への要望などが増えてくるのでしょうか。

停車列車 [2010年12月現在]

奥羽本線

深夜に通る「トワイライトエクスプレス」を除き、全列車が停車します。

東北新幹線

終着駅なので当然ですが、すべての列車が停車します。

乗り場

奥羽本線は北側から順に、1番線、2番線となり、東北新幹線は東側から順に、11番線、12番線…となります。

駅名の由来

特記事項なし。

歴史

国鉄末期に、将来の新幹線延伸を見越して設置された駅です。

周辺の見どころ

確認中。

【奥羽本線】 福島…(略)…秋田土崎上飯島追分大久保羽後飯塚井川さくら八郎潟鯉川鹿渡森岳北金岡東能代鶴形富根二ツ井前山鷹ノ巣糠沢早口下川沿大館白沢陣馬津軽湯の沢碇ヶ関長峰大鰐温泉石川弘前撫牛子川部北常盤浪岡大釈迦鶴ヶ坂津軽新城新青森青森

【東北新幹線】 東京…(略)…那須塩原新白河郡山福島白石蔵王仙台古川くりこま高原一ノ関水沢江刺北上新花巻盛岡いわて沼宮内二戸八戸七戸十和田新青森

2010年12月18日

▲ このページの先頭へ ▲