駅はすっかり楽天仕様

宮城野原

みやぎのはら Miyaginohara
宮城野原駅
▲宮城野原駅《2008年7月12日撮影》

地下ホームはカーブを描いて

宮城野原駅ホーム
【写真1】宮城野原駅ホーム。《2008年7月12日撮影》

かつての練兵場跡地をスポーツ施設として整備した宮城野原運動公園に隣接して設けられている駅です。地下区間にあるため駅の構造は地下鉄使用となっており、地下1階に改札口があり、その下に島式ホーム1面2線が設けられています。写真1のとおり、ホームはカーブを描いています。

楽天球団の本拠地であるクリネックススタジアムへの最寄り駅のひとつということもあって、ホームの壁面には同球団のマスコットがびっしり描かれています。

コンコースも楽天仕様

宮城野原駅改札口
【写真2】宮城野原駅改札口。《2008年7月12日撮影》

球場に近い出口は、天井にヘルメットを載せて楽天球団のロゴを付すなど、完全な"楽天仕様"になっています。私も数多くの地下駅を見てきましたが、駅の出口前でカップルが記念写真を撮っているという光景ははじめてでした。

駅の西側には仙台育英学園、東側には国立病院仙台医療センターがあり、これらへの通学、通院利用も多いようです。このほか、徒歩圏内に年金機構事務所があります。駅直近はビジネス街の雰囲気から遠いながら、少し離れたところにはビルが多く並んでいます。

乗り場

北側から順に、1番線、2番線となります。

  • 1.仙石線下り 本塩釜、石巻方面
  • 2.仙石線上り 仙台、あおば通方面

駅名の由来

確認中。

歴史

宮城電気鉄道以来の駅です。

1925年6月5日
宮城電気鉄道の仙台-西塩釜間が開業、この時点では駅設置なし。
1926年1月1日
停留場として開業。
1944年5月1日
宮城電気鉄道が国有化され、国有鉄道(運輸通信省)仙石線の駅となります。これに伴い、停留場から停車場へ変更、旅客のみの取扱い。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。
2000年9月22日
仙石線の地下化に伴い宮城野原駅も地下化。
2011年3月11日
東日本大震災が発生、仙石線が全線で運休。
2011年3月28日
仙石線のあおば通-小鶴新田間が復旧、営業再開。
2011年4月7日
この日発生の余震により、再び仙石線が全線で運休。
2011年4月15日
仙石線のあおば通-小鶴新田間が復旧、営業再開。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ