民家はあるが駅は静か

熊ヶ根

くまがね Kumagane
熊ヶ根駅
▲熊ヶ根駅《2008年7月13日撮影》

レールが不自然に屈曲

熊ヶ根駅ホーム(奥は羽前千歳方)
【写真1】熊ヶ根駅ホーム(奥は羽前千歳方)。《2008年7月13日撮影》

熊ヶ根集落の入口に設けられている熊ヶ根駅は、隣接する陸前白沢と同様に無人化されており、現在では鉄筋の簡素な駅舎を持っているのみです。駅前広場こそかなり広いものの、実際には未舗装の空間が広がっているのみです。

かつては列車交換が可能だったようですが、現在では棒線化されています。その名残が、羽前千歳方にレールの不自然な屈曲として見られます。

かつての対向ホームが残る

熊ヶ根駅ホーム(奥は仙台方)
【写真2】熊ヶ根駅ホーム(奥は仙台方)。《2008年7月13日撮影》

かつての対向ホーム跡が現在も残っています。また、現ホームの北東側には草むしたスペースが広がっていますが、かつて貨物側線でもあったのでしょうか。

駅舎は無人駅仕様

熊ヶ根駅駅舎をホーム側から見る
【写真3】熊ヶ根駅駅舎をホーム側から見る。《2008年7月13日撮影》

駅舎は無人駅仕様のコンパクトなものですが、それでも鉄骨造りのがっしりしたものになっているのは、冬季の積雪を考慮したものでしょうか。なお、簡易型自動券売機が設置されています。

駅舎の中はがらんどう

熊ヶ根駅駅舎内
【写真4】熊ヶ根駅駅舎内。《2008年7月13日撮影》

駅舎の内部はほぼがらんどうですが、壁の三方向に据え付け式のベンチが置かれています。

駅近くには学校が

熊ヶ根駅駅前
【写真5】熊ヶ根駅駅前。《2008年7月13日撮影》

駅の前を通っている作並街道の反対側にコンビニエンスストアがあり、駅前に自動車を停めて買い物をする人が多いようです。駅近くには学校があり、通学利用があるものと思われますが、ここでも仙台方面へ向かうには路線バスを利用するのが便利で、仙山線の存在感はあまりありません。

停車列車 [2017年7月現在]

快速は通過します。

駅名の由来

確認中。

歴史

路線開通当初からの古い駅です。

1931年8月30日
仙山東線愛子-作並開通に際して開業。
1971年3月31日
この日かぎりで貨物営業廃止。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。
2011年3月11日
東日本大震災が発生、仙山線が全線で運休。
2011年4月23日
仙山線・愛子-山寺間が復旧、仙山線が全線で運転再開。

周辺の見どころ

仙台市水道記念館【未訪】

駅から北東へ、徒歩20分。コメント準備中。

このページの先頭へ