茂市

もいち Moichi

 写真準備中 

 

山田線と岩泉線との分岐駅。両線の保線上の基地となっているようで、しっかりした駅舎があり、運転要員が常駐している。駅周辺の人家は多くないが、人跡ごく稀なる山田線下り列車に乗ってくると「町が見えてきた」と思える。

停車列車

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1934年11月6日
国有鉄道(鉄道省)山田線・陸中川井-宮古間が開業、茂市駅設置。
1942年6月25日
国有鉄道(鉄道省)小本線(後の岩泉線)・茂市-岩手和井内間が開業、分岐駅となります。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。
2010年7月31日
押角-岩手大川間を中心とした大規模水害に伴い、岩泉線が全線で運休。
2011年3月11日
東日本大震災が発生、山田線が全線で運休。
2011年3月26日
山田線・上米内-宮古間が復旧、運転再開。
2011年4月7日
この日発生した余震により、再び山田線が全線で運休。
2011年4月13日
山田線・上米内-宮古間が復旧、運転再開。
2013年3月31日
この日かぎりで岩泉線廃止。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ