小さな駅舎と民家の2つをつなぎあわせたような駅舎

館田

たちた Tachita
館田駅
▲館田駅駅舎《2011年12月4日撮影》

島式ホームの交換可能駅

館田駅ホーム
【写真1】館田駅ホーム。《2011年12月4日撮影》

新里の先で弘南線は平川を渡り、平川市に入って最初の駅が館田駅です。新里と同様、敷地は比較的広く、島式ホーム1面2線から成る交換可能駅です。

貨物ホームが残る

館田駅ホーム(奥は弘前方)
【写真2】館田駅ホーム(奥は弘前方)。正面左側にあるのが駅舎。《2011年12月4日撮影》

北側には側線が設けられて作業用車が留置されており、かつて貨物列車が荷さばきを行っていたと思われる貨物ホームが残っています。

大きな農業倉庫が隣接

館田駅脇の農業倉庫
【写真3】館田駅脇の農業倉庫。《2011年12月4日撮影》

南側には大きな農業倉庫があり、この駅が農産物搬出の拠点だった時期があったことを思わせます。

 

ホーム側から見た館田駅駅舎
【写真4】ホーム側から見た館田駅駅舎。軒と駅名標で駅名を列車に向けてアピール。《2011年12月4日撮影》

ホームの南西側に駅本屋があり、ホームとの間は構内踏切で連絡しています。駅舎は木造のもので、無人化されている現在は待合室機能のみとなっていますが、なぜか列車が出入りするホーム側に向けて、館田駅の名前を大きく押し出しています。

駅舎は待合室部分が1階ですが、その脇の部分は2階建てになっています。2階建ての部分は、正面から見ると窓のないのっぺらぼうですが、脇に回るとふつうに窓のある民家風の建物で、駅舎と民家がくっついたような印象を与えます。かつては駅員が泊まり込みで勤務していたものと思われます。

駅舎内はいささか暗く

館田駅駅舎内
【写真5】館田駅駅舎内。窓口は板でふさがれていました。《2011年12月4日撮影》

かつて駅員が出迎えた窓口にはすべて板が打ち付けられており、事実上掲示板と化しています。待合室としてのスペースはそこそこあり、内部には椅子が置かれていますが、何とも暗いため、天候がよいときにはホームに出ているほうが快適のようにも見えます。

駅周辺にはまとまった集落が

館田駅前
【写真6】館田駅前。かなりの収容力がある駐輪場があります。虹は偶然の産物。《2011年12月4日撮影》

駅のすぐ西側を県道が南北に走っており、この道路沿いに民家が密集しているため、駅周辺には比較的まとまった人口があり、無人駅の中ではそれなりの利用者がいると思われます。それを反映してか、駅前に設けられている駐輪場はかなりの収容力を持っています。

乗り場

番線表示は確認できませんでした。

  • (北側)弘南線下り 平賀、黒石方面
  • (南側)弘南線上り 弘前方面

駅名の由来

確認中。

歴史

路線開業当初からの駅です。

1927年9月7日
弘南鉄道・弘南弘前-津軽尾上間が開業した際、開業。
1997年8月25日
正面衝突事故発生。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ