ここから弘前市街地へと入ります

千年

ちとせ Chitose
千年駅
▲千年駅全景《2011年12月4日撮影》

独特の形状の待合室

千年駅ホーム
【写真1】千年駅ホーム。待合室屋根や水飲み場の形状に注目。《2011年12月4日撮影》

小栗山の先で川を渡ると、沿線の民家や商店の数がぐっと増えるようになり、弘前市の市街地に入っていきます。この地域で最初に設けられているのが、千年駅です。

島式ホーム1面2線から成る地平駅です。ホーム上には待合室がありますが、これの屋根が何だか雪をかぶったようなおもしろい形状をしています。また、待合室前にある水飲み場も健在です。

構内踏切で駅舎に接続

千年駅構内踏切
【写真2】千年駅構内踏切。《2011年12月4日撮影》

ホームの大鰐方に構内踏切があり、これを渡って駅舎へ向かいます。構内踏切には遮断機はなく、警報器のみが設置されています。

駅舎はアルミ箱のように

駅舎をホーム側から望む
【写真3】駅舎をホーム側から望む。《2011年12月4日撮影》

駅舎は木造平屋建てのものですが、外壁は金属板で覆われており、遠目に見えるとアルミ箱か何かのように見えます。見取り図上では長方形になっていますが、この駅舎では、長方形の短辺部分にそれぞれ1つずつ、すなわち前後に2つの出口が設けられていることです。すなわち、このページの先頭に掲載している写真で見えている出口と、【写真3】で見えている出口は、それぞれ反対側に位置しているものです。

改札口の上にも駅名表示

駅ホーム側から改札口を見る
【写真4】駅ホーム側から改札口を見る。《2011年12月4日撮影》

構内踏切を渡ると、2階建ての駅舎の片隅をぶち抜いたような改札口を通って、駅待合室へと通じています。駅舎正面だけでなく、改札口上にも駅名表示があります。

平日日中は有人に

千年駅改札口
【写真5】千年駅改札口。《2011年12月4日撮影》

乗降人員もそれなりに多いせいか、平日の昼間時間帯は有人になっていました。かつては中央弘前-千年間の区間運転が行われるなど、弘前側の通勤通学需要がまとまっていたようですが、現在の大鰐線では全便が大鰐-中央弘前間の運転となっており、区間運転の列車はありません。

周囲は郊外の住宅地

千年駅への通路
【写真6】千年駅への通路。《2011年12月4日撮影》

千歳駅は、南東側を通っている道路から少し奥まったところにありますが、この道路沿いには民家が建ち並んでいます。周辺の一帯は郊外の住宅地そのもので、これまでのリンゴ畑が連なっていた車窓は、ここからがらりと変わることになります。

乗り場

番線表示は確認できませんでした。

  • (南側)大鰐線下り 中央弘前方面
  • (北側)大鰐線上り 津軽大沢、大鰐方面

駅名の由来

確認中。

歴史

弘前電気鉄道が開通した当時からの駅です。

1952年1月26日
弘前電気鉄道により大鰐-中央弘前間が開通した際、「津軽千年」駅開業。
1970年10月1日
弘前電気鉄道が弘南鉄道に譲渡され、同社大鰐線の駅となります。
1986年4月1日
駅名を「千年」に変更。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ