島式ホーム上に細長い待合室が

鯖石

さばいし Sabaishi
鯖石駅
▲鯖石駅外観《2013年11月8日撮影》

大鰐を出て最初の交換可能駅

鯖石駅待合室
【写真1】鯖石駅待合室。《2013年11月8日撮影》

宿川原の先で大鰐線はいったん平川から離れますが、再び平川が近づくようになると、ほどなく最初の交換可能駅である鯖石に到着します。

駅舎はなくホームから構内踏切で出入り

鯖石駅出入口
【写真2】鯖石駅出入口。《2013年11月8日撮影》

島式ホーム1面2線から成り、ホームの上には細長い待合室が設けられていますが、駅舎はありません。ホームの中央弘前方から構内踏切で出入りする形になっています。

周辺には畑が広がる

鯖石駅入口を踏切より
【写真3】鯖石駅入口を踏切より。《2013年11月8日撮影》

駅周辺にはリンゴ畑が多いのですが、川のほうは荒れ地となっています。

乗り場

番線表示は確認できませんでした。

  • (東側)大鰐線下り 津軽大沢、中央弘前方面
  • (西側)大鰐線上り 大鰐方面

駅名の由来

確認中。

歴史

弘前電気鉄道が開通した当時からの駅です。

1952年1月26日
弘前電気鉄道により大鰐-中央弘前間が開通した際、宿川原駅開業。
1970年10月1日
弘前電気鉄道が弘南鉄道に譲渡され、同社大鰐線の駅となります。
1980年11月7日
大鰐方0.1kmに移転し、あわせて交換設備供用開始[1]

周辺の見どころ

確認中。

  1. 『JR・私鉄全線各駅停車 3 奥羽・羽越480駅』小学館、1993年、152ページ。

このページの先頭へ