地下に降りると星空が

広瀬通

ひろせどおり Hirosedori
広瀬通駅
▲広瀬通駅西6出口《2008年7月13日撮影》

ビジネス街の中に

広瀬通駅ホーム
【写真1】広瀬通駅ホーム。《2008年7月13日撮影》

オフィスビルやビジネスホテルが多数集結する一角に設けられている駅です。駅名標には、副名称として「一番町 中央通り」とあります。

改札口はホームの上の階に

広瀬通駅改札口
【写真2】広瀬通駅改札口。《2008年7月13日撮影》

ホームが地下2階にあり、その上の地下1階に改札口が1個所という、地下鉄としてオーソドックスな形になっています。

地下と地上のギャップが大きい

広瀬通駅コンコース
【写真3】コンコースの天井と壁面に星空が映えます。《2008年7月13日撮影》

この駅の特徴は地下コンコースにあり、地下自由通路を兼ねたスペースである改札外において、天井と壁面に星空を表示しています。駅の外がコンクリートの林になっているだけに、地上から地下に降りた際のギャップはなかなかのものがあります。

乗り場

北側から順に、1番線、2番線となります。

  • 1.仙台、富沢方面
  • 2.北仙台、泉中央方面

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1987年7月15日
開業。

周辺の見どころ

確認中。

その他

  • 「東北の駅百選」(国土交通省東北運輸局)選定駅。

このページの先頭へ