大きな独立駅舎が広場に面して建つ

荒井

あらい Arai
荒井駅
▲荒井駅駅舎《2016年3月26日撮影》

乗降が分離されています

荒井駅ホーム
【写真1】荒井駅ホーム。《2016年3月26日撮影》

地下鉄東西線の東端駅にあたる荒井駅は、地下に島式ホーム1面2線となっています。荒井駅に到着した列車は1番線に入って乗客を降ろし、いったん引き上げ線に入ってから2番線に入線、乗客を乗せて仙台方面へと発車していきます。

天井は白とライトグリーンを組み合わせた、なかなか明るい印象を与えるカラーリングになっています。

駅舎内には震災記憶施設が

荒井駅改札口
【写真2】荒井駅改札口。《2016年3月26日撮影》

独立した駅舎を持っており、改札口はその1階にあります。地下鉄東西線では、ホームとコンコースでカラーリングを統一している駅が多いのですが、ここ荒井ではコンコースは木を多用したシックな装いになっており、明るいホームとは対照的になっています。駅舎の正面に出入口があり、立派な駅前広場が整備されているほか、改札口からみて裏側方面にも、道路に直接面した出入口があります。

駅舎内には、東日本大震災の被害を語り継ぐためのスペース「せんだい3・11メモリアル交流館」が設置されています。

乗り場

北から順に、1番線、2番線となります。

  • 1.降車ホーム
  • 2.仙台、八木山動物公園方面

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

2015年12月6日
開業。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ