岩木山がきれいに望めます

五農校前

ごのうこうまえ Gonokomae
五農校前駅
▲五農校前駅《2013年11月9日撮影》

ホームは大きくカーブを描いて

五農校前駅ホーム(奥は津軽中里方)
【写真1】五農校前駅ホーム(奥は津軽中里方)。《2013年11月9日撮影》

東へと進んでいたレールが北へと向かうところに設けられているのが、五農校前駅です。

駅南東側一帯は五農校の農場

五農校前駅ホーム(奥は津軽五所川原方)
【写真2】五農校前駅ホーム(奥は津軽五所川原方)。《2013年11月9日撮影》

十川に続いてホームと待合室のみの駅ですが、ホームはしっかりと舗装されています。ホームから五所川原方を見ると、岩木山が望めるほか、開閉式ドームを備えた「つがる克雪ドーム」も遠望できます。

駅を出ると水田が広がっています。駅の南東側一帯の農場は五農校の所有だといいます。

待合室は農業高校関係者の手で

五農校駅入口
【写真3】五農校駅入口。《2013年11月9日撮影》

待合室は五所川原農業高校関係者によりつくられたもののようです。ホームを下りてからまっすぐ通路になっていますが、その上には「農魂」と書かれた額が掲げられていました。その脇には待合室が用意されています。

高校へは少し離れています

五農校駅待合室
【写真4】五農校駅待合室。《2013年11月9日撮影》

五所川原農業高校へは少し離れており、歩いて10分程度はかかります。

五所川原を出て東へ走ってきた津軽鉄道は、ここから向きを北へ変えて、津軽半島の真ん中を進んでいきます。

駅名の由来

五所川原農林高校への最寄り駅であることから付された名称です。

歴史

かつては津軽五所川原方0.4kmのところにあった「一ノ坪駅」を廃止し、五農校前への通学生利用のために新設したものです[1]

1935年4月13日
「一ノ坪」駅開業。
1974年3月31日
この日かぎりで一ノ坪駅廃止。
1974年4月1日
五農校前駅開業。

周辺の見どころ

確認中。

  1. 『JR・私鉄全線各駅停車 3 奥羽・羽越480駅』小学館、1993年、154ページ。

このページの先頭へ