交換可能時代の雰囲気をよく残す

嘉瀬

かせ Kase
嘉瀬駅
▲嘉瀬駅駅舎《2013年11月9日撮影》

ホームと駅舎の間にレールの痕跡

嘉瀬駅ホームより津軽中里方を望む
【写真1】嘉瀬駅ホームより津軽中里方を望む。《2013年11月9日撮影》

津軽飯詰以来、久々に民家がまとまって見えるようになると、これまたかつて交換可能駅だった嘉瀬に到着します。交換可能だった当時も実際には設備は使われていなかったようですが、現在では信号機や内側線の津軽中里方の線路が撤去されています。

かなり荒れた保存車両が

嘉瀬駅ホームより津軽五所川原方を望む
【写真2】嘉瀬駅ホームより津軽五所川原方を望む。《2013年11月9日撮影》

かつての内側線には、津軽鉄道で活躍していたキハ22系にペイントされた車両が保存されています。もっとも保存状態はあまりよくはないようで、遠目にもペイントの剥落が見受けられました。

駅舎は木造平屋建てのもので、シンプルながら横に長く、かつてはここで運転取扱いが行われていた当時からあまり変わっていないようです。

駅前はちょっとした集落に

嘉瀬駅駅前
【写真3】嘉瀬駅駅前。《2013年11月9日撮影》

嘉瀬駅の近くには小学校があり、駅周辺はちょっとした集落になっています。嘉瀬は歌手、吉幾三の出身地として知られているほか、「嘉瀬の奴踊り」が有名です。

駅名の由来

確認中。

歴史

津軽鉄道開業当時からの駅です。

1930年7月15日
津軽鉄道の津軽五所川原-金木間が開業した際、嘉瀬駅開業。
1984年1月31日
この日かぎりで貨物営業廃止。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ