駅舎は変則的な2階建て

川辺

かわべ
Kawabe
川辺駅
▲川辺駅駅舎《2012年10月21日撮影》
川辺駅ホームより羽後本荘方を望む
【写真1】川辺駅ホームより羽後本荘方を望む。《2012年10月21日撮影》

鳥海山ろく線の列車は、吉沢を出てしばらくすると、両脇に山が迫るようになり、子吉川に沿って進んでいきます。この谷を越えたところに設けられているのが川辺駅です。

川辺駅ホームより駅舎を望む
【写真2】川辺駅ホームより駅舎を望む。奥にスロープが見えます。《2012年10月21日撮影》

ホームは地平より少し高いところにあり、このためかスロープが設けられています。これまでの中間駅にはバリアフリー施設は特にないだけに、いささか目立つ存在ではあります。

駅舎内中2階
【写真3】駅舎内中2階。《2012年10月21日撮影》

駅舎は転換後に新しく建て直されたものですが、これまでの各駅とは異なり、待合室以外のスペースが用意されています。具体的には、正面左手の1階が駐輪場、右手中2階が待合室、左手2階が第2待合室とでもいうべきスペースになっています。

駅舎内2階
【写真4】駅舎内2階。《2012年10月21日撮影》

中2階部分はホームと直接接しているため、ここから乗り降りすることになります。いっぽう2階にも据え付けのベンチがありますが、ここは小イベントや集会などを行えるような感じです。

川辺駅駅前
【写真5】川辺駅駅前。《2012年10月21日撮影》

駅前にはまとまった集落が形成されており、工場なども立地しています。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

周辺の見どころ

確認中。

【鳥海山ろく線】 羽後本荘薬師堂子吉鮎川黒沢曲沢前郷久保田西滝沢吉沢川辺矢島

2013年11月6日

▲ このページの先頭へ ▲