田んぼの中の一軒駅

曲沢

まがりさわ
Magarisawa
曲沢駅
▲曲沢駅外観《2012年10月21日撮影》
曲沢駅より羽後本荘方面を望む
【写真1】曲沢駅より羽後本荘方面を望む。左右に延びる堤とうは子吉川の堤防です。《2012年10月21日撮影》

黒沢の先で子吉川を渡った列車は、水田の中を右へとカーブを描き、曲沢駅に到着します。

棒線駅という点ではこれまでの駅と同じですが、由利高原鉄道になってから設置された新設駅ということもあり、ホームは鉄骨の上にサイドボードを渡しただけという、非常に簡素なものです。

曲沢駅より矢島方面を望む
【写真2】曲沢駅より矢島方面を望む。一面に水田が広がります。《2012年10月21日撮影》

道路からは奥まったところにありますが、なにぶん駅の周囲は水田ばかりで視界を遮る物が何もないので、待合室はよく目立ちます。この待合室は、由利高原鉄道の初代「おばこ号」のカラーリングになっています。

ホームからの眺望は非常によく、天気次第ですが、鳥海山をはじめとした山々を望むことができます。

曲沢駅の入口
【写真3】曲沢駅の入口。《2012年10月21日撮影》

駅の直近には民家は皆無で、集落は少し離れたところに位置しています。

駅名の由来

確認中。

歴史

由利高原鉄道転換後に設置されました。吉沢とともに、鳥海山ろく線で最も新しい駅です。

周辺の見どころ

確認中。

【鳥海山ろく線】 羽後本荘薬師堂子吉鮎川黒沢曲沢前郷久保田西滝沢吉沢川辺矢島

2013年11月6日

▲ このページの先頭へ ▲