水田の中に浮かび上がったような駅

吉沢

よしざわ
Yoshizawa
吉沢駅
▲吉沢駅遠望《2012年10月21日撮影》
吉沢駅より羽後本荘方を望む
【写真1】吉沢駅より羽後本荘方を望む。《2012年10月21日撮影》

再び子吉川を渡ると、列車は左へ大きくカーブを描き、曲がりきったところに、吉沢駅があります。曲沢と同時に設置された駅ですが、田んぼの中にポツンと駅があるという点でも共通しています。

ホームから出口へ
【写真2】ホームから出口へ。《2012年10月21日撮影》

待合室の屋根は、青をベースに白い波形を描いていますが、鳥海山を模したものでしょうか。

駅は築堤上にあるため、階段で地平の道路に下りることとなります。

駅下の通路から駅を見上げる
【写真3】駅下の通路から駅を見上げる。《2012年10月21日撮影》

駅の周辺には水田が広がっているのみで、直近には家はありません。西側を通る国道沿いに集落がありますが、水田の間の農道を通っていく必要があります。

なお、国道108号線には交通量が多い反面、まともな歩道がないので、歩いて隣駅へ移動する際には、視認性のよい状態を保つように気をつけましょう。

駅名の由来

確認中。

歴史

由利高原鉄道転換後に設置されました。曲沢とともに、鳥海山ろく線で最も新しい駅です。

周辺の見どころ

確認中。

【鳥海山ろく線】 羽後本荘薬師堂子吉鮎川黒沢曲沢前郷久保田西滝沢吉沢川辺矢島

2013年11月6日

▲ このページの先頭へ ▲