通勤通学客で賑わいます

新豊田

しんとよた
Shintoyota
新豊田駅
▲新豊田駅《2008年1月27日撮影》
新豊田駅ホーム
【写真1】新豊田駅ホーム。《2008年1月27日撮影》

豊田市の中心街に位置する駅です。もっとも旅客が集結するのは名鉄豊田市駅ですが、その西側に松坂屋やFrancfrancなどの商業施設が集積、さらに両駅がペデストリアンデッキで結ばれることによって乗り換えも便利になったことから、新豊田駅の利便性もかつてにくらべて大幅に向上しました。

国鉄時代は1面1線という寂しいものでしたが、愛知環状鉄道転換後に相対式ホーム2面2線となりました。ただし、増設された上りホームは国鉄時代に設けられていたホームに比べてはるかに短くなっており、これは瀬戸市など延長区間の駅にも見られるものです。ホームは3階に位置しています。

新豊田駅改札口
【写真2】新豊田駅改札口。《2008年1月27日撮影》

改札口は、メイン改札が地上2階にあり、駅前から延びている前述のペデストリアンデッキに直結しています。このほか、上りホーム脇にも改札口が設けられており、通勤通学の利用がかなり多いものと思われます。なお、どちらの改札口にも自動改札機が設置されています。

新豊田駅出口
【写真3】新豊田駅出口。背面を直進すると名鉄の豊田市駅にいたります。《2008年1月27日撮影》

出口正面には、採光がよく印象的な屋根が設けられており、雨天時にも人が滞留しにくくなっています。

駅から正面に進むと、200mほどで名鉄の豊田市駅に到着します。ひとつ南側の新上挙母と上挙母の間でも乗り換えは可能ですが、道路横断や駅設備などを考えると、こちらの乗り換えのほうがはるかに便利です。

乗り場

東側から順に、1番線、2番線となります。

駅名の由来

名鉄の旧三河豊田駅、および豊田市駅のいずれとも異なる駅として「新」が冠せられたものと思われます。

歴史

国鉄岡多線が旅客営業を開始した際に設置されました。

周辺の見どころ

確認中。

その他

▲ このページの先頭へ ▲