かぐや姫の駅舎が製紙工場の脇に

岳南富士岡

がくなんふじおか
Gakunanfujioka
岳南富士岡駅
▲岳南富士岡駅《2005年3月24日撮影》
岳南富士岡駅窓口
【写真1】岳南富士岡駅窓口は、ポスターの掲示板と化していました。《2005年3月24日撮影》

岳南原田、比奈に続き、製紙工場に囲まれた駅です。駅構内には車両基地があり、電気機関車や、すでに引退した旧式電車などを見ることができました。貨物列車が入るのは、この岳南富士岡まででした。

駅舎は、お菓子箱を連想させる直方体のもので、木造平屋建てとなっています。正面から見ると平凡なものですが、側面(富士山側)にはペインティングが施されており、かぐや姫が座っています。背景色の青色が何とも野暮ったく、私は、銭湯の富士山を連想してしまいました。駅の待合室はシンプルな構造になっていますが、窓口には「大貨物取扱」などの看板が残り、開業当初からあまり手が加えられていないことが見て取れる一方、多種多様なポスターが乱舞しており、駅窓口が掲示板と化しています。

岳南富士岡駅留置の電車
【写真2】元東急5000系の「オレンジ蛙」は、赤サビでボロボロになっていました。《2005年3月24日撮影》

駅に留置している電車や機関車はいろいろあるようですが、ホームから眺めているかぎり、車体には赤さびが目立ち塗装の落剥も見られ、状態はあまりよくなさそうです。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

1951年12月、吉原(現、本吉原)-岳南富士岡が開業しています。

周辺の見どころ

確認中。

【(岳南鉄道線)】 吉原ジヤトコ前吉原本町本吉原岳南原田比奈岳南富士岡須津神谷岳南江尾

2005年5月29日

▲ このページの先頭へ ▲