暖かい雰囲気がある駅

岳南原田

がくなんはらだ
Gakunanharada
岳南原田駅
▲岳南原田駅駅舎《2005年3月24日撮影》
岳南原田駅ホーム
【写真1】島式の岳南原田駅ホーム。《2005年3月24日撮影》

島式ホーム1面2線が中心ですが、周囲には多くの側線が走っています。貨物列車や電気機関車が行き来する姿を見ることもあり、ここから岳南富士岡にかけて、貨物鉄道線としての色合いが濃厚になります。

駅舎は、ごくコンパクトな木造のもので、木の窓枠などが時代を感じさせます。有人駅ですが、窓口の営業時間は短く(平日の6時45分から9時10分まで)、私が下車したときには無人になっていました。駅の正面右側(本吉原方)にはそば屋「駅そば めん太郎」が同居しています。

岳南原田駅の池
【写真2】岳南原田駅構内踏切脇には、小さな池が。《2005年3月24日撮影》

ホーム上の屋根はほかの駅と同様、カマボコ状に曲線を描いています。ホームの本吉原方に構内踏切があり、ここで改札へ連絡しています。構内踏切脇には、小さな池が設けられており、「原田駅へようこそ」と書かれた小看板が立っています。

駅周辺には製紙工場が立つほか、住宅が多く並んでいます。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

1951年12月、吉原(現、本吉原)-岳南富士岡が開業した際、中間駅として設置されました。

周辺の見どころ

確認中。

【(岳南鉄道線)】 吉原ジヤトコ前吉原本町本吉原岳南原田比奈岳南富士岡須津神谷岳南江尾

2005年5月29日

▲ このページの先頭へ ▲