ここでは貨物が主人公でした

比奈

ひな Hina
比奈駅
▲比奈駅駅舎《2005年3月24日撮影》

 

比奈駅に停車中のワムを牽引する電気機関車
【写真1】比奈駅に停車中のワムを牽引する電気機関車。《2005年3月24日撮影》

岳南原田から、大昭和製紙の大工場の中をゆったりとカーブを描いて進んだ列車は、これらの工場から延びる引き込み線を吸い込みつつ、多くの側線が広がる比奈に到着します。

 

比奈駅に停車中のコンテナを牽引する電気機関車
【写真2】比奈駅に停車中のコンテナを牽引する電気機関車。《2005年3月24日撮影》

岳南原田や岳南富士岡と同様の島式ホームを持ち、それを取り囲むように貨物側線が並んでいます。かつては、この貨物側線に多くの貨車や電気機関車が見受けられ、入れ替えのための移動も含め、ひっきりなしにいったりきたりしていました。しかし、2012年3月に貨物営業が廃止になると、この賑わいも過去帳入りしてしまいました。

 

比奈駅に停車中の電車
【写真3】比奈駅に停車中の電車。《2005年3月24日撮影》

旅客ホームは島式1面2線で、ほかの駅にも見られるカマボコ型の上屋を備えています。そう乗降客数が多いとは思えませんが、ホームの幅はかなりゆったりしています。

 

比奈駅ホームから駅本屋を望む
【写真4】比奈駅ホームから駅本屋を望む。《2005年3月24日撮影》

岳南原田より構内はさらに広く、旅客はホームから改札まで、長い構内踏切を横断することになります。

 

比奈駅駅舎内
【写真5】比奈駅駅舎内。《2005年3月24日撮影》

駅舎は、いわゆる文化住宅を思わせる横長のもので、貨物営業を行っていた当時は駅員が常駐しており、乗車券類の販売のほか宅配便の発送も行っていましたが、貨物廃止に伴い無人化されています。

駅周辺には工場が密集しているほか、一戸建ての住宅が多く、工場へ通勤する人が多いものと推察されます。ただし、駅前には高層マンションが建つものの、その1階に入っている店舗には活気がまったく感じられず、そもそも商店街と呼べる規模の施設はありません。ある意味、貨物駅らしいドライな空間になっているともいえましょうか。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

1951年12月、吉原(現、本吉原)-岳南富士岡間が開業した際、中間駅として設置されました。

1951年12月20日
吉原(現、本吉原)-岳南富士岡間が開通した際に、開業。
2012年3月16日
この日かぎりで貨物列車発着終了、翌日より無人化。
2015年11月14日
駅舎内に鉄道模型販売店「フジドリームスタジオ501」オープン[1]

周辺の見どころ

竹採公園

駅から北へ、徒歩15分。「竹取物語」発祥の地といわれる場所に整備された公園。園内には、発祥の地の裏付けとされる自然石「竹採塚」があります。また、竹林や庭園の中を周遊することで「竹取物語」の世界を楽しめるような工夫がされています。木休、無料。

  1. 静岡新聞「駅舎内に鉄道模型店オープン 富士・岳南比奈駅」(2015年11月15日)。※2016年6月2日現在リンク切れ

このページの先頭へ