日本有数の難読駅

須津

すど
Sudo
須津駅
▲須津駅《2005年3月24日撮影》
須津駅ホーム
【写真1】須津駅は島式1面2線。《2005年3月24日撮影》

岳南富士岡を出ると、住宅や小工場の中を進み、ほどなく須津に着きます。「すど」は日本有数の難読駅名ですが、なぜこのような読み方になったかは、よくわかっていないようです。

現在では駅舎は解体されてあとかたもなく、構内踏切脇にトイレがあるのみです。

須津駅駅名標
【写真2】須津駅駅名標はボロボロ。《2005年3月24日撮影》

須津のホームは島式1面2線で、本吉原からこの須津まで5駅連続で、島式ホームとカマボコ型屋根を持つ好感可能駅が続く格好になっています。かつては、この須津まで貨物列車が多数入っていましたが、現在は旅客のみの扱いとなっています。駅の設備はかなり荒れており、駅名標などボロボロの状態でしたが、工事が行われており、近いうちに改修されるものと思われます。

駅周辺は住宅地で、狭い道路とひっそりした町並みは、ここが富士市の郊外であることを忘れさせるような、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

乗り場

確認中。

駅名の由来

「津」は港=船着場、「須」は待つ意であり、須津とは船を待つ所を指したといわれています。岳南鉄道が走っている南側一帯が大きな沼地であり、水上交通の拠点となっていたことを示す地名といえましょう。東側には「船津」という地名もあり、通底しているものがあると思われます。

歴史

1953年1月、岳南富士岡-岳南江尾間が開業した際に設置されました。

周辺の見どころ

確認中。

【(岳南鉄道線)】 吉原ジヤトコ前吉原本町本吉原岳南原田比奈岳南富士岡須津神谷岳南江尾

2005年5月29日

▲ このページの先頭へ ▲