かつての貨物ホーム跡が残る

比土
ひど
Hido

比土駅

 単式ホームに屋根が渡されているのみの無人駅です。ホームは単式となっていますが、ホームの西側(線路と反対側)には側線があり、作業用車が留置されていました。またそれと反対側には貨物ホームの跡地があり、かつてはにぎわっていたことがうかがえます。

比土駅ホーム

比土駅ホーム。《2008年2月9日撮影》

 ホームから下りて道路へ向かうアプローチは非常に広く、駅構内の大きさはかつて拠点駅だったことを示しているといえますが、現在は舗装などもかなり荒れています。

比土駅出口

比土駅出口。《2008年2月9日撮影》

 駅は小集落の中にあり、駅からほど近いところにコンビニエンスストアが見えます。

駅名の由来

 コメント準備中。

歴史

 (旧)伊賀鉄道が、上野町(現・上野市)-名張(のちの西名張、現在は廃止)を開通させた際に設置された駅です。

周辺の見どころ

 特になし。

2008年3月25日

ご意見、ご感想などは、脇坂健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2008 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.