市街地にある棒線駅

東新町
ひがししんまち
Higashishimmachi

東新町駅

 新城の市街地は、新城駅からひとつ先の東新町駅付近まで広がっています。

 乗降客は比較的多い駅ですが、片面ホームのみの棒線駅です。かつては相対式だったようで、古いホームがしっかりと残っていますが、路盤の状態を見るかぎり相当古くから用途廃止になっていたようです。また、前後の線路にも屈曲はまったく見られませんでした。

東新町駅ホーム

東新町駅ホーム。《2008年08月23日撮影》

 私がこの駅から列車に乗ったときは、駅設備全体を工事中で、ホーム上屋、駅舎、トイレは仮設のものでした。駅はすぐ脇の道路から少し入ったところにあり、あまり出入りがしやすくはありません。

東新町駅仮設駅舎

東新町駅仮設駅舎。《2008年08月23日撮影》

 駅周辺には商店や飲食店などが並んでおり、一戸建ての住宅も多く見られます。

停車列車 [2009年5月現在]

 特急は停車しません。

駅名の由来

 文字どおり、城下町が東側に開けた地域を指す地名です。

歴史

 豊川鉄道開通後に設けられた駅です。

周辺の見どころ

桜渕公園【未訪】

 徒歩15分。桜の名所で“三河の嵐山”とも称されます。

2009年9月16日

▲ このページの先頭へ ▲

ご意見、ご感想などは、脇坂健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2009 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.