伊那新町
いなしんまち
Inashimmachi

伊那新町駅

 田園地帯の中に設けられている駅で、飯田線の小駅としては珍しく、島式ホーム1面2線から成ります。ホーム豊橋方にある構内踏切をわたり、南西側にある駅本屋と連絡しています。ホーム上には、ごくごく小さな待合室があります。

伊那新町駅ホーム

田園地帯の中に、飯田線の小駅では珍しい島式ホームが延びています。《2005年8月20日撮影》

 駅舎は鉄筋コンクリート造の平屋建で、国鉄時代に作られたしっかりしたものになっていますが、無人化されて久しく、現在では場違いな建物という印象を与えます。

 駅はそこそこの規模の集落に接していますが、集落が段丘上にあって人家が密集しているいっぽう、駅は段崖のすぐ下に位置しているため、集落および国道からは非常にわかりにくい位置にあります。

駅名の由来

 確認中。

歴史

 伊那電気鉄道の手によって、辰野-伊那松島が新規ルートとなった直後の1923年4月、「南新町」停留場として設置されました。1943年8月1日の国有化時に「伊那新町」と改称されるとともに、停車場へ昇格しています。当初から旅客のみの取扱でした。

周辺の見どころ

 コメント準備中。

(駅周辺には郵便局なし)

2006年6月4日

ご意見、ご感想などは、脇坂 健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2007 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.